「1000年以上続いた」老舗パブ、コロナ禍響き閉店 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国最古をうたうパブが、コロナ禍の影響を受けて閉店に追い込まれた/Alamy

英国最古をうたうパブが、コロナ禍の影響を受けて閉店に追い込まれた/Alamy

(CNN) 英国最古の歴史を持つと主張するパブがこのほど閉店を余儀なくされた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、財政難が悪化したためとしている。

ロンドン北郊のセントオールバンズにあるこのパブの名は「Ye Olde Fighting Cocks」。店のウェブサイトによると営業を開始したのは西暦793年にさかのぼるという。

現在店は閉まっている。「長期にわたり、極度に厳しい取引状況が続いた」ことを受けての措置だと、店主のクリスト・トファリ氏は店のフェイスブックページへの投稿でこのほど明らかにした。

チームとともに、ありとあらゆる手を尽くしてパブ営業の継続を目指したが、過去2年間のような状況は飲食業界にとって前例がなく、あきらめざるを得なかったという。

経営状況はパンデミック以前から「極めて厳しかった」が、コロナ禍の影響は「圧倒的」であり、パブは債務の返済が困難になっていたとトファリ氏は説明する。

そのうえで「言うまでもないが、胸の張り裂ける思いでいる。このパブは私にとって、ただのビジネスをはるかに超えたものだった。ごく短期間でもその歴史の一部に携われたのを誇りに感じる」とつづった。

英国のパブ業界は、コロナ禍以前から苦境に立たされていた。人々がパブよりもバーやレストラン、自宅で飲酒するようになったためだ。

英国家統計局によると、2008~18年、1万1000軒以上のパブが店を閉じた。店舗数は約4分の1に減少したという。

Ye Olde Fighting Cocksの主だった建物は11世紀に建てられ、当初はハト小屋として使用されていたと、地元観光局は説明。

店名は、19世紀後半から20世紀初めにかけて闘鶏を開催していたことにちなむ。イングランド内戦時には、オリバー・クロムウェルが1晩宿泊したとも伝えられる。

同店は以前、イングランド最古のパブとしてギネス・ワールド・レコーズに認定されたことがあるが、その称号は2000年に使用を停止したとギネスの広報担当者がCNNに明らかにした。実際に最古かどうか完全には証明できないことがはっきりしたためだという。

記録が認定されようとされまいと、Ye Olde Fighting Cocksの歴史はこれで終わらない可能性がある。

同店の施設を所有する醸造企業の広報担当者はCNN宛てに声明を出し、なるべく早く新たな経営陣の下でパブ営業を再開する道筋を探っていることを明言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]