19歳のザラ・ラザフォードさん、単独世界一周飛行に成功 女性最年少記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19歳で単独世界一周飛行に成功

(CNN) ベルギーと英国の二重国籍を持つパイロット、ザラ・ラザフォードさん(19)がこのほど、単独での世界一周飛行に成功し、女性最年少記録を達成した。

ラザフォードさんは1月20日、飛行距離5万2000キロメートル、41カ国にわたる壮大な旅を終え、ベルギー西部の空港に帰還。空港で歓迎を受けたラザフォードさんは、記者団に対し、「私はやり遂げた」と語った。

ラザフォードさんは今回の旅を終え、ギネス世界記録に2つの記録が認定された。2017年に30歳で単独世界一周飛行を果たした米国人のシャスタ・ウェイズさんが持つ記録を破ったほか、超軽量航空機で世界一周をした初の女性というタイトルを獲得した。

また、ラザフォードさんは、単独飛行で世界一周を達成した初のベルギー人となった。

だが、旅は順風満帆ではなかったという。昨年8月18日、特注の超軽量小型機「シャーク」に搭乗し、ベルギーを出発。当初3カ月ほどで旅を終える計画だったが、ビザ(査証)や悪天候の影響により、アラスカとロシアでそれぞれ1カ月ほど足止めされ、予定が2カ月間遅れた。

ラザフォードさんは「一番大変だったのは、シベリア上空を飛行した時。地上は零下35度だった。もしエンジンが停止したら、救助まで何時間もかかるだろうし、どれぐらい生き延びられたか分からない」と振り返った。

また、旅の途中では多くの困難に直面した。シアトル地域で起きた山火事の影響により、カリフォルニア州レディングに予定外の着陸を余儀なくされたほか、中国上空の飛行許可を拒否された。昨年12月13日、ロシア・ウラジオストクから韓国ソウルの金浦国際空港に到着した際には、「クリスマスまでに旅を終えたいと願っていたが、無理だと思う」と記者団に語っていた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「ベルギー」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]