元血液検査ベンチャーCEO、投資家への詐欺で有罪評決 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリザベス・ホームズ被告(右から2番目)/CNN

エリザベス・ホームズ被告(右から2番目)/CNN

(CNN Business) 米カリフォルニア州サンノゼの連邦裁判所の陪審団は3日、破たんした血液検査ベンチャー「セラノス」の創業者で元最高経営責任者(CEO)のエリザベス・ホームズ被告(37)に対し、投資家をだました4件の罪で有罪評決を下した。

患者に対する詐欺3件やその共謀に関する1件では無罪となった。投資家に対する詐欺に関係する別の3件では評決が出ず、裁判官が評決不能を宣言する予定。

有罪となったのは投資家への詐欺の共謀1件、特定の投資家に関する通信詐欺3件。被告は最大20年の禁錮刑と25万ドル(約2900万円)の罰金を科され、各罪の賠償を求められる可能性がある。

検察官は評決の結果を称賛した。

事実審理(トライアル)は3カ月に及び、30人以上が証言台に立った。ホームズ被告自身も7日間にわたり防御のために証言した。

本件はシリコンバレーの起業家に対する詐欺罪での刑事裁判というまれなケースとなった。陪審団はホームズ被告がベンチャー立ち上げ時に過ちを犯した誠実な創業者か、または自身や会社の成功のために投資家や患者を意図的にだました人物なのか、判断を迫られた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]