韓国・起亜自動車、約38万台をリコール 出火につながる不具合

起亜自動車はスポーツ用多目的車(SUV)とセダンの計38万台近くを対象にリコール(回収 ・無償修理)を実施する/from Kia

起亜自動車はスポーツ用多目的車(SUV)とセダンの計38万台近くを対象にリコール(回収 ・無償修理)を実施する/from Kia

(CNN) 韓国の自動車メーカー、起亜自動車が自社のスポーツ用多目的車(SUV)とセダン計38万台近くを対象にリコール(回収 ・無償修理)を実施することが10日までに分かった。車両からの出火につながる不具合が見つかったためだという。

起亜と米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)はリコール対象の車種の所有者に向けて、不具合が改修されるまで車両を自宅や他の建物、他の車両から離れたところに駐車するよう警告。万が一出火が発生した場合に延焼を防ぐための措置としている。

リコールを適用するのは2017年から21年までに製造されたSUV「スポーテージ」と、17~19年製造のセダン「カデンツァ」の一部モデル。これらのうち「スーパー・クルーズ・コントロール」と呼ばれる装備を搭載していない車両が対象となる。同装備を搭載した車両はレーダーを使用して、高速道路走行中の他車との安全な車間距離を自動的に確保することができる。

NHTSAのウェブサイトに投稿された文書によると、リコール対象の車両はボンネットの下にある電子回路がショートを起こして過熱し、場合によっては出火する恐れがある。

起亜は声明を出し、当該車両の所有者に対して来月30日からリコールに関する郵送での通知を開始すると述べた。

所有者らはNHTSAのウェブサイトの関連ページへ行き、車両の識別番号を照合して自分の車がリコール対象かどうかを確認することもできる。起亜のディーラーはヒューズの交換やソフトウェアのアップデートなどで不具合の改修を行う予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]