原油価格が急落、サウジが原油販売価格を引き下げ 需要低迷を懸念

米市場の原油価格が8日、9%下落し5月半ば以来の大幅な落ち込みとなった/Kirby Lee/AP

米市場の原油価格が8日、9%下落し5月半ば以来の大幅な落ち込みとなった/Kirby Lee/AP

ニューヨーク(CNN Business) 米市場の原油価格は8日、9%下落し、5月半ば以来の大幅な落ち込みとなった。価格は1バレルあたり36.13ドルと約3カ月ぶりの低水準を記録した。

元気のない世界経済が必要としている原油の量に対する懸念が広がったことなどから原油価格が下落している。米国ではレーバーデー(労働者の日)も過ぎ去り、夏のドライブシーズンも終わりを迎えた。新型コロナウイルスの感染が拡大し、多くの人が飛行機での移動を避けているためジェット燃料に対する需要も依然として非常に少ない。そして、景気の回復にどのくらいの時間が必要なのか確信を持っている人もいない。

今回の原油価格の下落の前には、サウジアラビアがアジアと米国に対する公的な販売価格を引き下げたとブルームバーグ通信が報じていた。サウジアラビアは石油輸出国機構(OPEC)の事実上の主導国。世界の主要な石油輸出国が買い手を引き付けるために価格の引き下げを余儀なくされるというのは良い兆候とはいえないだろう。

新型コロナウイルスの感染拡大や、ロシアとサウジアラビアとの間の価格をめぐる対立で、原油価格は今春、大きく値を下げ、1バレルあたり40ドルを割り込んでいた。その後、前例のないOPECとロシアによる減産合意で、1バレルあたり40ドルを回復していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]