米株式市場急落 アナリスト、市場暴落リスクに警戒

3日の米ニューヨーク株式市場が大幅に下落した/Michael Nagle/Bloomberg/Getty Images

3日の米ニューヨーク株式市場が大幅に下落した/Michael Nagle/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 3日の米ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株平均が一時1026ポイント(3.5%)下落し、808ポイント(2.8%)安で取引を終えた。

ナスダック市場も最大で5.8%下げ、新型コロナウイルスで上昇していたアップル、ズーム、ペロトンなどの銘柄も軒並み下落。アマゾンも5%下落したが、年初来では依然として82%高を維持している。

株式市場は再び元の軌道に戻るのか、それともこれは大暴落の始まりなのか。

今後もさらなる混乱が待ち受けている兆候は、VIX指数(ボラティリティー指数)の異常な動きに表れている。

米株式市場が記録的な高値を更新している時は、通常であればVIXの数値は低くなる。しかしここ数日は、S&P500が最高値を記録してもVIX指数は上昇し続けており、アナリストが懸念を強めていた。

実際に、ビスポーク・インベストメント・グループやゴールドマン・サックスによれば、S&P500が史上最高値を更新した時点で、VIX指数は史上最高の水準に達していた。それまでの最高は、ドットコムバブル期の2000年3月だった。

ヘッジアイ・リスク・マネジメントの調査ディレクター、ダリル・ジョーンズ氏は、「市場は非常にリスクの高い地点にある。市場暴落のリスクが高まっている」と指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]