ブラジル、新型コロナで800万人近くが失職 就業率5割切る

新型コロナの影響でブラジルの今年3~5月の失業者数が800万人近くに上ることがわかった/CNN Brazil

新型コロナの影響でブラジルの今年3~5月の失業者数が800万人近くに上ることがわかった/CNN Brazil

サンパウロ(CNN) 新型コロナウイルス感染拡大が続く南米ブラジルで、今年3~5月に職を失った人は過去最多の800万人近くに上ることが分かった。

ブラジルの地理統計院(IBGE)が30日に発表した統計によると、3~5月に新たに失業した人は780万人。このうち580万人が零細事業や家内労働などの非公式部門に集中していた。

5月末の時点で、法律上就労が認められる14歳以上の人口に占める就業者の割合は、集計が始まった2012年以来初めて50%を割り、49.5%となった。

コロナ禍で非政府組織(NGO)から支給された食料品を運ぶ住民=4月21日、リオデジャネイロのスラム街/Silvia Izquierdo/AP
コロナ禍で非政府組織(NGO)から支給された食料品を運ぶ住民=4月21日、リオデジャネイロのスラム街/Silvia Izquierdo/AP

雇用者数は8590万人と、昨年の同じ時期より8.3%減少。5月末時点の失業率は12.3%、失業者数は1270万人と、18年3~5月期以来の水準に落ち込んだ。

同国の今年の国内総生産(GDP)について、ブラジル中央銀行は6.4%、国際通貨基金(IMF)は9.1%のマイナス成長になるとの見通しを示す。

同国の新型ウイルス感染者は米国に次いで世界で2番目に多く、連日急激に増加し続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]