米アリゾナ州、厳格な制限を再導入 コロナ感染者急増で

米アリゾナ州は新型コロナウイルスの感染者が急増したことで厳しい制限を再導入する/Mark Ralston/AFP/Getty Images

米アリゾナ州は新型コロナウイルスの感染者が急増したことで厳しい制限を再導入する/Mark Ralston/AFP/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルス感染の患者が急増している米アリゾナ州のデュシー知事は29日、感染対策の厳しい制限措置を再導入すると発表した。

デュシー氏が記者会見で語ったところによると、ウォーターパークの営業や川下りのアトラクション、50人を超える規模のイベントは禁止される。

屋外プールでは10人を超える集まりを禁止。例年なら8月初めに始まる学校の新学期は、同17日以降まで延期された。

同州の感染者は、10日前の4万6689人から7万5000人近くまで増えている。デュシー氏によると、来週はさらに増加する見通し。制限措置の成果が出るまでには数週間かかることが予想される。

年齢別にみると、20~44歳の若年層が入院患者の22%を占めているという。

デュシー知事は今後の目標として、30日後の再開を目指すと述べた。

飲食店の営業は引き続き許可されるが、客席間の距離確保など指針を守る必要がある。

デュシー氏は同州フェニックスで23日に開かれたトランプ米大統領の選挙集会に先立ち、出席者にマスク着用を求めない方針を示した。29日の会見では市民らにマスクを着けるよう促したものの、州全体で義務化する命令は出さなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]