ドライブスルーでトイレットペーパー配布、米企業が備蓄を放出

米企業が備蓄したトイレットペーパーをドライブスルー方式で配布した/Rose Rosenhauer for Trevelino/Keller

米企業が備蓄したトイレットペーパーをドライブスルー方式で配布した/Rose Rosenhauer for Trevelino/Keller

(CNN) 新型コロナウイルスの感染が拡大したことで人々がトイレットペーパーの買いだめに走り、全米の店舗からトイレットペーパーがなくなっている。そんななか、米ジョージア州アトランタの企業が会社内に備蓄されたトイレットペーパーをドライブスルー方式で配布した。

マーケティング会社「トレベリノ/ケラー」の共同創業者ゲンナ・ケラーさんはこのプログラムを「トイレットペーパーエクスチェンジ」と呼んでいる。

多くの企業と同じくトレベリノ/ケラーも従業員に在宅勤務を指示した。職場からトイレを使う従業員がいなくなり、ケラーさんは備蓄されていたトイレットペーパー1000個のより良い使い道があるかもしれないと考えた。

トイレットペーパーエクスチェンジのウェブサイトを立ち上げ、SNSでも宣伝を行った。同社の従業員と家族が16日午後に最初の「トイレットペーパートス」を行って約20個のトイレットペーパーを配布した。

会社の駐車場にドライブスルーを設けて、空いた車の窓に1個か2個のトイレットペーパーを投げ入れ、物理的な接触は制限した。

普通の時期なら、トイレットペーパーを車の窓に投げ入れるというのは、ばかばかしく見えるかもしれない。しかし、ケラーさんによれば、通行人も楽しんでいたという。ケラーさんは「トイレットペーパーエクスチェンジは実際、今のストレスから、わたしたちの気持ちをまぎらわせようと狙ったものだった」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]