日本、韓国向けのビール輸出 10月はゼロに

日本から韓国へ輸出しているビールの量が10月はゼロになった/Jung Yeon-je/AFP/Getty Images

日本から韓国へ輸出しているビールの量が10月はゼロになった/Jung Yeon-je/AFP/Getty Images

香港(CNN Business) 日本から韓国へ輸出しているビールの量が10月はゼロだったことがわかった。財務省が発表した貿易統計で明らかになった。

2018年10月の輸出額は8億円だったが、韓国で起きている日本製品の「不買運動」などが影響したとみられる。

日本政府が7月に韓国のIT企業にとって重要な化学製品について輸出規制を強化したことなどを受けて日韓関係は悪化した。8月には、日本が輸出手続き上の優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する決定を行うと、韓国も対抗措置を取った。

韓国国民の一部は全日本製品のボイコットを呼びかけている。

韓国が昨年輸入した日本製ビールの金額は79億円。日本にとっては韓国が最大のビール輸出先だった。

日本にとって韓国は第3位の貿易相手国。日本は昨年、韓国に対して工業用機械や化学製品、車など約530億ドルを輸出していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]