銃乱射めぐりオバマ氏が異例のコメント トランプ氏反発

銃乱射事件の続発をめぐり、トランプ氏(左)とオバマ氏がコメントの応酬を繰り広げた/SCALZO/Wilson/Getty Images

銃乱射事件の続発をめぐり、トランプ氏(左)とオバマ氏がコメントの応酬を繰り広げた/SCALZO/Wilson/Getty Images

(CNN) 米テキサス州エルパソとオハイオ州デイトンで相次いだ銃乱射事件の衝撃が広がるなか、オバマ前大統領が5日、「憎悪をあおる指導者」を批判する異例のコメントを出した。トランプ大統領は6日朝のツイートでオバマ氏を批判した。

オバマ氏は普段、政治的な発言を控えているが、事件を受けてコメントを発表。国の指導者が恐怖や憎悪の風潮をあおったり、人種差別感情を当たり前のこととして扱ったりする発言を、「我々はきっぱり拒絶するべきだ」と訴えた。

トランプ氏の名前こそ挙げなかったものの、「自分たちと見た目が違う相手を悪者扱いしたり、移民のような人々が私たちの暮らしを脅かすとほのめかしたり、相手のことを人間以下と呼んだりする指導者、米国は一部の層だけのものという考え方を示したりする指導者」は拒否しようと主張した。

こうした発言は米国でも世界でも昔からみられ、奴隷制度や大量虐殺などの悲劇を招いてきたと指摘したうえで、米国の政治や社会にそれを容認する余地はないと断じた。「米国民の大多数を占める善意の人々が人種や宗教、政党を問わず、今こそはっきりとそう声を上げるべきだ」と呼び掛けた。

トランプ氏はツイートで、オバマ氏のコメント自体には直接言及せず、FOXニュースの司会者の言葉を引用して反論。オバマ政権下の2012年にコネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件の後、ブッシュ元大統領はオバマ氏を非難しただろうかと問い掛けた。さらに、オバマ氏の大統領在任中には32件の銃乱射事件が起きたと指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]