ポーランド、若者の所得税を免除 170万人の頭脳流出で苦肉の防止策

ポーランドの駅前を行き交う通勤客。頭脳流出阻止に向けた非課税措置が打ち出された/Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

ポーランドの駅前を行き交う通勤客。頭脳流出阻止に向けた非課税措置が打ち出された/Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

(CNN) ポーランドで8月1日から、一定の条件を満たした26歳未満の若者の所得税を免除する法律が施行される。若者の頭脳流出防止を図るための措置で、およそ200万人が対象となる。

ポーランドでは、15年前に欧州連合(EU)に加盟して以来、頭脳の大量流出が続いていた。モラウィエツキ首相は今回の非課税措置について、西側に匹敵する機会を若者に与えると強調した。

対象となるのは、26歳未満で年間所得が8万5528ズロチ(約240万円)に満たない若者。18%の所得税が8月1日から非課税となる。ポーランド人の給与の年間平均は6万ズロチなので、かなり寛大な措置といえる。政府によると、200万人に対して非課税措置が適用される。

ポーランドが2004年にEUに加盟して以来、国民は就労許可や就労ビザがなくてもEU域内の国で就労できるようになった。

モラウィエツキ首相は法案の審議に際して議会で行った演説の中で、過去15年で170万人がポーランドを去ったと述べ、「これはワルシャワの全人口に相当する。とてつもない損失だ」と嘆き、「これは終わらせなければならない。若者はポーランドにとどまるべきだ」と訴えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]