就業前の飲酒禁止、職場の気風改革で ロンドン金属取引所

ロンドン金属取引所の立会取引の様子/LEON NEAL/AFP/AFP/Getty Images

ロンドン金属取引所の立会取引の様子/LEON NEAL/AFP/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN Business) 英国のロンドン金属取引所は15日までに、職場の気風改革を図るため立会場でアルコールを摂取した従業員の就業を禁じる方針を打ち出した。

就業前の飲酒を禁じ、国際的な金属価格を決める取引をしらふで進めることを確保するためとしている。同取引所は今年4月、迷惑行為や威嚇的、屈辱的かつ混乱を招くような振る舞いを一掃させる行動規範も公表していた。

取引所の報道担当者は、取引所は会員企業に自らの従業員の行動を監視する規則を設けさせるための広範な権限を保持していると主張した。

ロンドンにある世界的な保険市場であるロイズも今年4月、酩酊(めいてい)状態にあるような関係者が場内に立ち入ることを禁止する方針を発表。違反者に対しては通行証をはく奪するとも警告した。

ロンドン金属取引所は欧州で唯一残る公開せり売買市場となっている。手ぶりや大きな声、激しいやりとりなどが特徴の公開せり方式は電子作業の導入が進む中で大部分が消滅している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]