パリ、電動キックスケーターの歩道走行を禁止へ 事故の増加受け

電動キックスケーターによる歩道での走行が禁止される/KENZO TRIBOUILLARD/AFP/AFP/Getty Images

電動キックスケーターによる歩道での走行が禁止される/KENZO TRIBOUILLARD/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) パリで9月以降、電動式のキックスケーターで歩道を走行することが禁止されることが5日までにわかった。ボルヌ仏交通担当相が発表した。

9月以降、電動キックスケーターで同市内の歩道を走った場合は135ユーロ(約1万7000円)の罰金が科せられる。

ボルヌ氏は仏紙パリジャンとのインタビューで、電動キックスケーターが急速に広まり、無法状態の様相を呈していると指摘。これに伴い事故が多発しているため、歩行者が安心して歩けるよう歩道での走行を禁止すると説明した。

パリをはじめとする欧州の都市にはこの1年で、米新興企業ライムなどによる電動キックスケーターのシェアリングサービスが次々に進出した。

同時に安全性への懸念が強まっている。米疾病対策センター(CDC)とテキサス州オースティンの保健当局が先日、共同で発表した調査報告によると、電動キックスケーターの事故は初心者で特に目立ち、負傷者の3人に1人が初めて、6割以上が10回目以下の利用者だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]