パリの街角に「エコ便器」、市民から不評買う

パリの街角の「エコ便器」が不評を買っている/CNN

パリの街角の「エコ便器」が不評を買っている/CNN

(CNN) パリの街角に立ち小便対策として設置された真っ赤な「エコ便器」が、市民から不評を買っている。

市当局は最近、立ち小便が問題になっている地域に、男性用の公衆小便器を設置した。

わらの層でにおいを消し、尿に含まれる窒素やリン、カリウムを公園などの肥料に使うというエコ志向の便器だ。

だが路上に堂々と置かれた真っ赤な便器は目立つうえ、イラスト付きの標識まで立っている。

観光名所のノートルダム寺院付近でも、セーヌ川を見渡す位置に設置された。

地元市民からは「いいアイデアだと思うが、形や設置場所はいただけない」「ここは人気も歴史もある地域なのに、玄関の前で用を足す人を見るのは気分が良くない」などと抗議する声が相次いでいる。

一方、パリ4区の区長は13日のツイートで、エコ便器を「天才的な発明」と称賛。「すでに4基を設置し、5基目も予定されている」と説明した。

欧州で屋外便器を設けている都市はパリだけではない。オランダのアムステルダムでは何年も前に登場し、ベルギーやオーストリアの都市でも試験的に導入された例がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]