英中央銀行、マドゥロ政権の金引き出しを拒否 米報道

ベネズエラのマドゥロ大統領。英中銀がマドゥロ政権による金の引き出しを拒否した/FEDERICO PARRA/AFP/AFP/Getty Images

ベネズエラのマドゥロ大統領。英中銀がマドゥロ政権による金の引き出しを拒否した/FEDERICO PARRA/AFP/AFP/Getty Images

ロンドン(CNN) 英国の中央銀行「イングランド銀行」が南米ベネズエラのマドゥロ政権当局者による12億米ドル(約1320億円)相当の金(きん)の引き出しを拒絶したことが26日わかった。

米ブルームバーグ通信がこの問題に詳しい消息筋の情報として報じた。12億ドルの金は、ベネズエラ中央銀行が保持する外貨準備80億ドルのうち大きな比率を占める。

政情の混乱が続いてきたベネズエラでは最近、マドゥロ大統領の独裁統治に反発し野党陣営を束ねるフアン・グアイド国会議長が大統領就任を宣言し、2人の大統領が対峙(たいじ)する異例の展開となった。

同通信は、今回のイングランド銀行の対応はグアイド氏を支持する米政府が英国政府に求めたマドゥロ政権による国家資産の活用阻止と関係があると伝えた。

英国政府は26日、米国を含む他国と歩調を合わせ、今後8日間内に新たな選挙を実施しなければグアイド氏を暫定大統領として承認するとの考えを表明。

イングランド銀行は同日の声明で、多くの顧客に対する全ての金保管サービス業務では高水準のリスク管理を維持し、適用し得る金融制裁を含む全ての関連法規を順守するとの立場を示した。

米財務省は25日の声明で、ベネズエラ政府との一切の商業取引は米国が認めるグアイド氏率いる政府に調和させるとの方針を示し、そのために経済的、外交的な手段を講じるとしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]