フォード、欧州事業を再編 数千人の雇用削減に工場閉鎖も

フォードが欧州での大規模な事業再編に乗り出す/Luke MacGregor/Bloomberg via Getty Images

フォードが欧州での大規模な事業再編に乗り出す/Luke MacGregor/Bloomberg via Getty Images

ロンドン(CNN Business) 米自動車メーカーのフォードは10日、欧州で数千人単位の雇用を削減し、複数のモデルの生産を終了する方針を発表した。ドイツの同業フォルクスワーゲン(VW)との提携の可能性が浮上するなか、欧州部門の大規模な事業再編に踏み切った形だ。

今回の動きは世界的な事業再編の一環。フォードはこの取り組みに向こう3~5年で110億ドル(約1兆1900億円)の費用を投じるとしている。

約5万3000人の従業員を抱える欧州ではフランスにある工場の閉鎖を計画。またコンパクトカーを製造するドイツの工場についても、生産停止に向けて労働組合との交渉を開始しているという。収益性の低い複数のモデルの生産を終了し、ロシアなど困難な市場への対応に戦略の軸足を移す考えだ。

米国におけるフォードの業績は販売台数、収益ともに堅調だが、中国ではライバルに大きく水を開けられており、欧州と中南米でも苦戦が続いている。2018年1~9月期、同社の欧州部門は1億9900万ドルの赤字を計上。2億7800万ドルの黒字を記録した前年同期から業績は著しく悪化した。

アナリストらからはフォードとVWが業務提携し、自動運転車などの技術開発を共同で進めるのではないかとの観測が出ている。業界最大手のVWは、欧州市場でも支配的な地位を占める。

欧州では英国最大の自動車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)も10日、4500人の雇用を削減してコストの圧縮を図る計画を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]