カリフォルニアの「灯台守」募集、2人で年俸1400万円

サンフランシスコ湾に浮かぶ小さな島が灯台の管理人カップルを募集しているという/Credit: Almonroth

サンフランシスコ湾に浮かぶ小さな島が灯台の管理人カップルを募集しているという/Credit: Almonroth

(CNN) 米カリフォルニア州のサンフランシスコ湾に浮かぶ小さな島が、宿泊施設を兼ねた灯台の管理人カップルを募集している。年俸は2人で13万ドル(約1400万円)。歴史的建造物の灯台を守りながら、宿泊施設を運営する仕事を任う。

イーストブラザー島にある灯台は1874年に建造され、サンフランシスコ湾を航行する船舶を見守ってきた。

1960年代には自動化され、現在は米沿岸警備隊の施設として非営利団体が管理している。1979年には管理運営費をまかなうために、宿泊施設が併設された。

客室は5室あり、それぞれ窓から見える光景にちなんで「マリン」「サンフランシスコ」などの名が付いている。食事の質の高さにも定評があり、「フレンチトーストスフレ」のブレックファストスペシャルなどが楽しめる。

管理人は、質の高い食事の準備や客室清掃、ゲストを本土からフェリーで送り迎えする業務も担う必要があり、サービス業や海運業の経験に加え、米沿岸警備隊の商船操縦免許も必須条件。宿泊施設の営業は週に4日。結婚式などのイベントも開かれる。

カップルでない2人でも応募できるものの、同居に近い状態になることから、仲のいい相手を選んだ方が良さそうだ。

現在の管理人はジリアン・ミーカーさんとチェ・ロジャーズさん。ミーカーさんは経験豊富な料理人、ロジャーズさんは世界中を航海した経験を持つ船乗りで、これまで2年間、住み込みで勤務してきた。

新しい管理人は2週間の研修を経て、4月半ばから仕事に就く。求人に対してはアジアやロシア、ウクライナなど、世界中から引き合いがあるという。ただし採用されるためには米国での就労資格が必要とされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]