テスラの「非上場化」、マスクCEOが撤回を表明

マスクCEOがテスラの非上場化について撤回する意向を明らかにした/Kevork Djansezian/Getty Images North America/Getty Images

マスクCEOがテスラの非上場化について撤回する意向を明らかにした/Kevork Djansezian/Getty Images North America/Getty Images

香港(CNNMoney) 米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、これまで検討を明らかにしていた非上場化について撤回する意向を明らかにした。

マスクCEOは24日夜、テスラのサイトへの投稿で、取締役会に出席して、テスラが引き続き株式上場を継続することがより良い道であると信じているとの考えを伝えたと明らかにした。取締役会もこの考えを支持したという。

マスクCEOによれば、これより前にテスラの投資家と協議を行い、当初考えていたよりも非上場化への道のりが険しいものだとわかったために、非上場化の考えを改めたという。

テスラの非上場化をめぐっては、マスクCEOが検討を示唆したことで株価が乱高下。米証券取引委員会(SEC)による調査や一部投資家による訴訟の動きなどが報じられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]