現役の公衆電話は10万台、災害時やへき地で活躍 米

携帯電話の普及などにより、公衆電話の利用は減りつつある

携帯電話の普及などにより、公衆電話の利用は減りつつある

ロロ氏によれば、病院や携帯電話の電波が弱い国境付近にある公衆電話が収益性が高いという。

それでも、公衆電話業界の未来は明るいとはいえないだろう。かつては主要な収入源であった低所得層は今、プリペイド式の携帯電話を利用したり、連邦政府から携帯電話のための助成金を受け取ったりしている。

エクスプレス・テレホン・システムズを経営するマイケル・シモン氏は1985年に公衆電話事業に参入した。120台の公衆電話をシカゴ郊外に保有するが、事業規模はピーク時の10分の1だ。残りの公衆電話についてもサービスの停止を計画しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]