EU司法裁、「ウーバーは運輸会社」 より厳格な規制適用へ

EUの司法裁判所はウーバーについて運輸会社であるとの判断を下した

EUの司法裁判所はウーバーについて運輸会社であるとの判断を下した

ロンドン(CNNMoney) 欧州連合(EU)司法裁判所は20日、米配車サービス大手ウーバーについて、テクノロジー企業ではなく運輸会社として規制すべきだとの判断を示した。ウーバーはかねて、運転手と乗客をつなぐテクノロジーサービスとして扱われるべきだと主張しており、今回の判断は同社にとって大きな打撃となる。

ウーバーは今後、従来型のタクシー業者に適用される厳格な認可要件での規制を受けるものとみられる。同社はまた、顧客から新たな税金を徴収するよう求められることになる可能性もある。

今回の判断は、欧州のインターネット仲介サービスの分野で営業する他の企業にとっても大きな意味合いを持ちそうだ。こうした新興企業は通常、従来型の営業方式の競合他社に比べ軽い規制を適用されてきた。

ウーバーは声明で、EU司法裁の判断について、「我々はすでに欧州の大半の国において運輸関連法の下で営業しており、こうした国での状況を変えるものではない」としている。

ただ今回の判断により、プロとしての免許を持っていない運転手を活用する同社のやり方が制限を受ける可能性はある。

今回の裁判は、スペイン国内のプロタクシー運転手の団体が提起したもの。

この団体は、同社のサービス「ウーバーポップ」に登録している運転手がバルセロナ市の求めるタクシー免許を持っていないことを理由に、ウーバーは不当に有利な立場を享受していると主張。スペインの裁判所がEU司法裁に判断を委ねていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]