英小売業界、EU離脱の国民投票以降で6.5万人が失職

英小売業界でEU離脱の国民投票以降に6万5000人が職を失ったことが分かった

英小売業界でEU離脱の国民投票以降に6万5000人が職を失ったことが分かった

ロンドン(CNNMoney) 2016年6月に英国で実施された欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票以降、英国の小売業界は6万5000人が職を失ったことが19日までにわかった。インターネット上での競争が激しくなっているほか、EU離脱に伴う賃金の伸び悩みが雇用減に拍車をかけているという。

先ごろ発表された雇用統計では9月の小売業での雇用者数は500万人を割り込んだ。年末商戦が近づくなか、弱い消費支出は、さらなる困難が待ち受けていることを示唆している。

会計事務所大手アーンスト・アンド・ヤングによれば、今年は全体的に消費者支出が軟調で、小売りの売り上げも低下している。

11月の英国の実店舗での消費は前年同期比3.5%減少した。これは7カ月連続の減少で、2012年以降で最大規模の落ち込みだった。一方で、オンラインでの消費は11月、2.4%の伸びを見せた。

カード大手ビザによれば、今年の年末商戦は2012年以来初めて消費者支出が減少する見通しだという。

専門家からは、こうした流れについて、EU離脱の影響の一端との見方が出ている。国民投票でEU離脱が決まって以降、英ポンドは大きく下落し、輸入品の価格が急騰した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]