ラスベガス銃乱射、観光客への影響は

2017.10.05 Thu posted at 19:28 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) 米ネバダ州ラスベガスで起きた米史上最悪の規模の銃乱射事件を受けて、現地の観光業界への影響が懸念されている。

ラスベガスでは、ホテルやレストラン、バー、カジノなどで25万人を超える人たちが働いているが、彼らの仕事は年間4300万人に及ぶ観光客によって支えられている。そのうちの5分の1が海外からの観光客だ。また、米国を訪れた外国人のうち10人に1人がラスベガスに立ち寄るともいわれている。

旅行関連の調査会社フォワードキーズのオリビエ・イエーガー最高経営責任者(CEO)は、ラスベガスの観光業界が回復に必要となる時間は、マスコミによる報道と、安全が回復したとの意識を広める当局の能力にかかっていると指摘する。

今回の事件がテロ組織との関連がない単独での犯行によるものとみられていることから、専門家からは、米国人は引き続きラスベガスを訪れるだろうとの見方が出ている。世間の人々はたいてい、こういった事件を一つの兆候ととらえ、当分襲撃が発生する可能性は低いと考える。

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によれば、今回のような単独での事件については客足が戻るのも早いという。

旅行会社ホッパーのチーフデータサイエンティスト、パトリック・サリー氏は、週内にキャンセルが相次いでも、ラスベガス旅行への需要は回復するとみている。「人々はすぐに忘れる。旅行客に対する長期的な影響もおそらくない」と話す。

確かに、パリやロンドンでも暴力事件は発生しているが、立ち直りの早いところも見せている。

メールマガジン

[PR]