香港税関、象牙8トンを押収 時価約10億円

香港税関は約8トンの象牙を押収した

香港税関は約8トンの象牙を押収した

香港(CNN) 香港税関は6日、過去30年で最大規模となる約8トンの象牙を押収したと発表した。

押収された象牙の時価は推定7200万香港ドル(約10億円)。マレーシアから到着した貨物船に積んであった魚介類の冷凍ケースの下に隠してあったという。

当局は男1人と女2人を逮捕して捜査を進めている。

象牙を巡っては中国が数カ月前、2017年中に象牙の取引を全面的に禁止する計画を打ち出していた。

香港は規制が少ないことから中国への玄関口として利用され、「象牙取引の闇の中心地」として有名だった。

香港では象牙の取引に規制がかけられているものの、全面禁止には至っていない。行政当局は2021年までに段階的に禁止する計画を発表している。

象牙取引は1989年に国際取引が禁止されて以来、縮小したが、香港にはまだ、禁止前に輸入された象牙を国内向けに販売する店が数十店存在する。香港当局はそうした象牙販売業者をリストアップして在庫量のチェックを行っている。

しかし保護活動家らは、こうした業者が合法的な取引の裏で、新しく仕入れた象牙を中国本土向けに販売していると批判していた。中国には世界最大の象牙市場があると思われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]