自動操縦の「空飛ぶタクシー」、エアバスがコンセプト披露

エアバスがコンセプトデザインを公表した空飛ぶ無人タクシー「バハナ」=同社提供

エアバスがコンセプトデザインを公表した空飛ぶ無人タクシー「バハナ」=同社提供

ニューヨーク(CNNMoney) 欧州の航空大手エアバスはこのほど、乗客を乗せてパイロットなしで飛行できる自動操縦旅客機「バハナ」のコンセプトデザインを公式ブログで初披露した。

バハナは垂直離陸と着陸ができ、ヘリコプターのような機体にプロペラと電気モーターを装備する。座席上の覆いが開いて乗客が搭乗できる仕組みで、渋滞とは無縁な空のタクシーとして通勤などに利用してもらうことを想定する。

エアバスは今年、1億5000万ドル(約156億円)を投じて米カリフォルニア州サンノゼに「A3」部門を開設。バハナは同部門を通じて開発された。

A3では滑走路が不要で自動操縦機能を備え、障害物や航空機を自動的に検知して衝突を回避できる航空機の開発を目指している。パイロットは搭乗せず、運ぶのは乗客1人、または積み荷のみ。万が一、エンジンが故障した場合は弾道パラシュートが展開する。

試作機は2017年末までに完成させて飛行実験を行い、2020年までに実用化を目指す。

エアバスが参入しようとしているのは、バッテリー駆動型の電気推進技術を使ったオンデマンドのサービス展開という新興の急成長分野だ。昨年にはエアタクシーの運航を視野に、配車サービスを手掛ける米ウーバーとの提携を発表した。

電気推進技術については米航空宇宙局(NASA)も研究開発に力を入れ、独自設計機「X-57」を2018年に飛行させる計画を進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]