世界の空港ランキング、アジアが上位独占 羽田は3位に

国際空港の今年の快適度ランキングで10位に入ったスイスのクローテン国際空港

国際空港の今年の快適度ランキングで10位に入ったスイスのクローテン国際空港

(CNN) 空港情報サイトが利用者の声をもとにまとめた国際空港の快適度ランキング2016年版は、シンガポールのチャンギ空港を筆頭に、上位10位のうち4位までをアジアの空港が独占した。羽田国際空港は前年と同じ3位。新たに関西国際空港が6位にランクインした。

快適さを追求する空港が増える中で首位を維持したチャンギ空港は、宿泊部門、乗り継ぎ部門、総合部門で1位を獲得。空港ラウンジのリクライニングチェアやマッサージチェアが無料で利用でき、庭園やプール、映画館まである設備の充実度が評価された。2018年には屋内の森をハイキングできるコースや、天井から降り注ぐ高さ40メートルの円形の滝も登場する。

一方、ワースト10のランキングはサウジアラビアのジッダにあるキング・アブドルアジズ国際空港が筆頭だった。同空港は入国審査に果てしない行列ができ、座れる場所は少なく、不衛生で設備も整っていないと評価されている。ただ、2017年には新しい空港が開業予定で、ワースト入りは免れるかもしれない。

ワースト10には同空港に続いてアフリカの南スーダンやナイジェリアの空港がランクされたほか、ギリシャの3空港や英ロンドン・ルートン国際空港なども挙がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]