サウジアラビア石油相が交代、「脱石油」へ改革の一環

サウジアラビアが石油依存からの脱却を目指し、改革を進めている

サウジアラビアが石油依存からの脱却を目指し、改革を進めている

ニューデリー(CNNMoney) 原油安による財政悪化に苦しむ産油大国サウジアラビアは8日までに、同国のエネルギー政策を指揮してきたヌアイミ石油鉱物資源相(80)の退任を発表した。

後任には国営石油会社サウジアラムコのファリフ会長が就く。国営メディアが省庁再編などの一環として伝えた。

ヌアイミ氏は1995年以降、長年にわたって石油相を務めた。最近の産油国会合では原油の減産を拒否したうえで、増産凍結をめぐる他国との交渉に当たってきた。

専門家らによると、同国では最近、サルマン国王の息子、ムハンマド副皇太子による権力の掌握が進んでいる。副皇太子は最近、石油依存から脱却して世界15位以内の経済大国になることを目指す改革案を発表。2030年までに非石油収入を6倍に増やし、アラムコ株の最大5%を売却し、国内外への投資基金を設立するなどの計画を打ち出した。

今回の人事もこうした改革に沿った動きとみられる。

サウジは財政収入の87%を石油に依存しているため、14年以降の世界的な原油安で深刻な打撃を受けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]