英政府、高糖分の飲料に課税へ 子どもの肥満防止図る

英国で砂糖の含有量の多い飲み物が新たな課税対象に=Shutterstock/CNNMoney

英国で砂糖の含有量の多い飲み物が新たな課税対象に=Shutterstock/CNNMoney

ロンドン(CNNMoney) 英政府は16日、子どもの肥満対策の一環として糖分の多い飲料への課税を行うと発表した。

課税対象となるのは100ミリリットルあたりの砂糖の含有量が5グラムを超えた飲料。牛乳ベースの飲み物や果汁には適用されない。砂糖の量が8グラムを超えるとさらに高い税率が適用される。これにはコーラ飲料などの炭酸飲料が該当する。

英政府の狙いは、先進国の中でもっとも高いとされる同国の子どもの肥満率を引き下げることだ。英国では小学校卒業時の子どもの5人に1人が肥満だとされる。

政府が引用した研究論文によれば、児童期の肥満の大きな原因が砂糖だ。そして子どもやティーンエージャーにとって甘い飲み物は最大の砂糖の摂取源となっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]