ビール腹は肥満より危険? 男性の死亡リスク2倍に 米研究

2015.11.12 Thu posted at 11:38 JST

[PR]

(CNN) おなかが突き出たいわゆる「ビール腹」体形の男女は、たとえ手足が細くても、肥満の男女より糖尿病や心臓病のリスクが大きい――。そんな研究結果が内科学会誌に発表された。

肥満が心臓発作や脳卒中、糖尿病、がんなどのリスクを増大させるというのは周知の事実。これまでは肥満をコントロールする目的で、身長と体重から算出するボディーマス指数(BMI)の数値が着目されていた。

しかしBMIの数値でたとえ「健康」と判定されても、下腹に脂肪が付きすぎている場合は注意を要することが、今回の調査で明らかになった。

米ミネソタ州にあるメイヨー・クリニックなどの研究チームが1万5000人あまりのデータを調べた結果、ビール腹体形の男性は単なる肥満や太りすぎの男性に比べて死亡リスクが2倍になることが判明。女性の死亡リスクも1.5倍の高さだった。

以前に行われた調査では、ウエストとヒップのサイズ比の数値が大きいほど糖尿病や脳卒中、心臓病にかかるリスクが高まることも判明していた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!