プエルトリコ、コンドームの値上げを禁止 ジカ熱対策の一環

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プエルトリコでコンドームが値上げ禁止に

プエルトリコでコンドームが値上げ禁止に

ニューヨーク(CNNMoney) 米自治領プエルトリコの政府がこのほど、コンドームの価格を凍結する措置に踏み切った。性交渉による感染の可能性が疑われる「ジカ熱」の拡大を食い止めることが目的だ。

ジカ熱に対する消費者の懸念につけ込んで一儲けを狙おうとする販売業者には、1万ドル(約112万円)の罰金が課せられる。他にも虫よけ剤や手の消毒剤、ティッシュペーパーの値上げも禁じられている。

米疾病対策センター(CDC)によれば、プエルトリコではこれまでに9件のジカ熱の感染例が確認されている。これは米国の州や海外領土では最も多い数字だ。一方プエルトリコ厚生省は、3人の妊婦を含む63件の感染例を確認したと発表。プエルトリコ知事は公衆衛生の緊急事態を宣言している。

虫よけ剤の価格は1月末から凍結されていたが、2月に入ってコンドームも値上げ禁止品目に加えられた。これはテキサス州で性行為によるジカウイルスの初の感染例が確認されたことを受けての措置だ。今のところ違反者は出ていないという。

消費者問題省のネリー・アダムズ長官によれば、価格凍結は緊急事態宣言が取り下げられるまで続けられるという。コンドームの価格凍結は、1973年に同省が設立されて以降初めてだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]