客室が分離可能、モジュール式の機体を特許申請 エアバス

=エアバス

=エアバス

(CNN) 航空機製造大手の欧州エアバス・インダストリーは29日までに、客室の胴体部分をエンジンなどがある機体からまるごと引き離し、専用のターミナルで乗客らを収容した後にそのまま運び出し、機体にドッキングさせるアイデアを公表した。

米当局に今年2月に特許申請し、今週認められた。乗客搭乗や荷物積載に要する時間節約や最適な保安検査の実施などが期待でき、経費節約にもつながると見ている。

このアイデアは技術情報サイト「ワイアード」が最初に報じた。

特許申請の説明文などによると、客室部分のモジュールはクレーンの腕状のような装置に設けられた搭乗口に用意し、乗客を収容した後、モジュールごと機体に運び、据え付ける計画。はめこむような方法で機体と合体させるとみられる。エアバスの想定図によると、モジュールは半円のかまぼこの形となっている。

機体部分は搭乗口から離れた場所で、燃料補給や機体点検が可能となる。搭乗口の待合室も不要となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]