韓国、外国人客向けの無償の保険を検討 MERSに対応

MERSの感染拡大防止に向けて医療機関などが対応に追われている韓国

MERSの感染拡大防止に向けて医療機関などが対応に追われている韓国

香港(CNNMoney) 中東呼吸器症候群(MERS〈マーズ〉)の被害拡大に直面する韓国の文化体育観光省は17日、同国を訪れる外国人観光客がマーズに感染した場合、金銭補償を受けられる保険への無料の自動加入制度を検討していると発表した。

保険会社と計画の詳細を詰めている。補償額や制度の開始時期は不明。

同国ではマーズ感染の増加を受け、10万人以上が訪問を取りやめたとされる。キャンセルがさらに拡大すれば、数十億米ドル規模の経済的損失を被るとも予想されている。今回の保険制度の検討は外国人観光客らの不安を緩和させることを狙っている。

韓国政府は、観光シーズンである6月から8月にかけ、訪問客数は20%減少すると推定。関連業界は約9億ドルの収益を失い、観光客が半分程度となった場合、被害額は約23億ドルに達するとも見ている。

この中で韓国銀行は先週、マーズは重大な脅威とし、経済への悪影響を回避するため過去最低水準への利下げに踏み切った。企業や家庭の借り入れを促進させ、国内需要の喚起を狙った対策となっている。

輸出主導型の韓国経済はマーズの感染拡大が進む前から、不安定な局面に入っていた。ここ数カ月間は国内消費が停滞し、海外の需要は減速していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]