米デルタ便、宅配ピザで缶詰め乗客のイライラ解消

デルタ航空では悪天候で運航に支障が出た場合は食品や飲料を届けるように努めているという

デルタ航空では悪天候で運航に支障が出た場合は食品や飲料を届けるように努めているという

同じような報告は、悪天候で遅れが出た他のデルタ便の乗客からも寄せられた。デルタ広報によれば、「全社的な取り組みの一環として、悪天候で運航に支障が出た場合は乗客のために食品や飲料を届けるように努めている」という。コーヒーやクッキーが振る舞われたかどうかは不明。

航空情報サイトによれば、25日のデルタ航空は1日の便の3%に当たる106便が欠航となり、21%に当たる653便に遅れが出た。他の航空会社も含めると、アトランタ空港での欠航は173便、遅れは802便に上ったという。

同サイトを運営するダニエル・ベーカー氏はデルタ航空の対応を評価、「食事は神経を落ち着かせるのに大いに役立つ。航空会社が食品やカクテルを無料で配れば、乗客が怒って騒ぎを起こす件数も減ることが分かっている」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]