アフリカ最大の産油国で深刻なガソリン不足

アフリカ一の産油国のはずが・・・

ラゴス(CNN) ナイジェリアと言えばアフリカ最大の産油国であり、1年前には経済規模でもアフリカ諸国のトップに立った国だ。そんなナイジェリアでガソリン不足が大きな問題となっている。

主要都市ラゴスのガソリンスタンドには、空のポリタンクを手にした住民が殺到。路上では彼らの乗る車が1キロにわたって行列を作り、渋滞の原因になっている。

ようやく給油の順番が回ってきた男性は「午前4時からここにいる。ひどいものだ。もう午後3時近い。みんな今日は仕事にならない」と、ため息をついた。

ナイジェリア国営石油会社によれば、ガソリン不足は3月から続いている。ガソリンの輸入業者が政府の未払いを理由に供給停止に踏み切ったことが原因だ。同国の産油量は1日当たり250万バレルに達するが、国内に十分な規模の石油精製施設がないため、ガソリン供給は輸入に頼らざるを得ない。

影響は車だけにとどまらず、社会全体に広がっている。ほとんどの世帯に対し1日に数時間しか電力が供給されないナイジェリアでは、住宅や企業の自家発電機を動かすのにもガソリンが使われるからだ。

ナイジェリアのオコンジョイウェアラ財務相はCNNに対し、状況の複雑さを説明。「政府としては支払いを行う前に、輸入業者の主張が正しいかどうか確認しなければならない。現政府の任期が終わりに近づいているので、業者は非常に神経質になっている。早急な支払いを求める口実として、ガソリン不足を利用しているのだ」と述べた。

ただちにガソリン不足を解消するなら支払いを終わらせるのが一番のはず。だが政府は国内の石油価格を低く維持するために補助金を出しており、原油相場が下落する現状では、なるべく支出を切りつめたいと考えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]