ロンドンに「フクロウ・バー」が期間限定で登場

ロンドン(CNNMoney) 英アプリ開発企業ロカピーと、自然保護団体バーン・フクロウ・センターは、3月にロンドンのソーホー地区で「フクロウ・バー」を開店すると発表した。

店の名前は「アニー・ザ・オウル」で、3月19~25日の1週間限定だ。その名の通りアニーという名のフクロウなど、数羽のフクロウが客を迎える。夜行性のフクロウに配慮して、営業時間は夜の8時半から午前2時まで。ただし場所はまだ明らかになっていない。

20ポンド(約3700円)の入場券を購入すると、「フクロウにどっぷり浸った」2時間と、カクテル2杯を味わえる。

メニューにはウオツカとジンを使った「ホーホー」や、ウオツカとカルーア、それにエスプレッソコーヒーを使った「フクロウプレッソ・マティーニ」といった個性的なカクテルも並ぶ。

来店希望者が多数に上ったため、入場券は抽選方式で販売される予定。インターネットで申し込んだ人の数はすでに5万人を超えている。

安全性について主催者側は「フクロウはすべて人に慣らされており、プロの調教師が常駐する」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]