海外就職に64%が前向き、各国調査 米英独は半数以下

回答者の64%が他国での仕事に意欲を示した 出典:ボストン・コンサルティング

回答者の64%が他国での仕事に意欲を示した 出典:ボストン・コンサルティング

ニューヨーク(CNNMoney) コンサルティング大手ボストン・コンサルティング・グループなどは9日までに海外での就職に関する国際調査結果を発表し、回答者の64%が他国での仕事に意欲を示したと報告した。

調査には人材開発・派遣のインターネット企業「The Network」も参加。ネットを通じたアンケート調査には20万件以上の回答があったという。

調査結果によると、海外での就職への積極姿勢は発展途上国などでより鮮明となっていた。これらの国にはパキスタン、ジャマイカ、アラブ首長国連邦(UAE)、ホンジュラスやガーナなどが含まれた。ただ、先進国であるフランスやオランダでも9割以上が外国での挑戦に前向きな考えを示していた。

一方で、消極的だったのは米国、英国やドイツなどでいずれも半数を割り込んだ。デンマーク、アイルランドやロシアでも同様の結果が出た。国際調査などでデンマークは常に共働きの夫婦の生活環境や質の高い生活を送る上で最適の国として高評価を得ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]