お客をつかむには胃袋から――高級機内食はこうして作られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香港の屋台。食は香港にあり?

香港の屋台。食は香港にあり?

シーファー氏によると、まず最初に航空会社から提案を受けて、製造部門側の提案とすり合わせる。航空会社が大雑把な料理のビジョンを示した後、実際にゲートグルメの施設にまで足を運んでくるという。要求されることが多く、「正直なところ、非常に大きなストレスがかかる日もある」と話す。

もちろん、とくに贅沢(ぜいたく)するわけでない多くの乗客にとっては、牛肉や鶏肉、魚といったおなじみのメニューが、ひきつづき定番となりそうだ。

ウェーバー氏によると、大多数の乗客が好むのは、ごく普通の料理だという。

ウェーバー氏は「ただ、ここでは国際線の利者が多いこともあり、乗客の期待が大きい。特に香港という土地柄、料理面でもハブ空港の役割を果たしており、なおさら高いレベルが求められる。たとえ屋台であっても、香港の料理は素晴らしいから」と締めくくった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]