米空港で相次ぐ不正侵入、100億円のシステムでも防げず

米空港に不正侵入

(CNN) 米ニュージャージー州のニューアーク空港で25日、女装した男がフェンスを乗り越えて滑走路に侵入した。港湾当局が明らかにした。米各地の空港は高額のシステムを導入するなど警備を強化しているにもかかわらず、滑走路への不法侵入が相次いでいる。

同州やニューヨークの港湾当局によると、男は高さ約2.4メートルのフェンスを乗り越えた後に、動作センサーや監視カメラを張り巡らした3メートルのフェンスを乗り越え、滑走路2本を横切ってターミナルに駆け込んだ。

しかし警察は25日の時点で、侵入者がフェンスを乗り越えた形跡はないと発表。26日夜になって、監視カメラが侵入者の姿をとらえ、警報が出ていたことが分かったと明らかにした。現在、映像を監視していた担当者から事情を聴き、男がフェンスを乗り越えた時点で発見できなかった原因を調べている。

侵入者は空港職員に取り押さえられ、ジャージーシティに住む24歳の男と判明。警察が不法侵入の容疑で事情を聴いた後に釈放した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]