英10ポンド札に「高慢と偏見」のジェーン・オースティンの肖像

2013.07.25 Thu posted at 12:24 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) 英中央銀行のイングランド銀行は24日、「高慢と偏見」などで知られる作家ジェーン・オースティンの肖像を印刷した新10ポンド紙幣を2017年から発行すると発表した。現在の10ポンド札には科学者ダーウィンの肖像が描かれている。

「ジェーン・オースティンはまちがいなく、英国の紙幣に描かれた選ばれし歴史的人物たちと肩を並べる人物だ」と、イングランド銀行のカーニー総裁は述べた。「オースティンの小説には永続的かつ普遍的な魅力があり、英文学の最も偉大な作家の1人と認められている」

オースティンは1775年にイングランドのハンプシャーで生まれた。19世紀の社会を巧みに描き出したことで知られ、多作な作家でもあった。世界で最も有名な英国人の1人とされ、その作品は世界中で学生たちの必読の書となっている。

イングランド銀行は先ごろ、2016年から流通が始まる新5ポンド札に、19世紀に刑務所の改善に寄与した社会活動家エリザベス・フライに代えてチャーチル元首相の肖像を使用すると発表して批判を受けた。

これを受けて同銀は、紙幣から女性を排除する意図はなかったとするプレスリリースを出すとともに、紙幣に載せる人物選びのプロセスを公式に見直すと発表した。カーニー総裁はこの見直しを通して「英国の偉大な歴史上の人物がいかに多様性に富んでいたか」を世に知らしめるような紙幣作りを目指すと述べている。

イングランド銀行が歴史上の偉人たちの肖像を紙幣に印刷するようになったのは1970年から。反対の面にはエリザベス女王の肖像が印刷されている。

メールマガジン

[PR]