「CSR」重視の会社が増加、生きる目的を追う若者獲得へ

(CNN) 人は誰しも「良い会社」で働きたがるし、企業がトップレベルの人材を採用し定着させるためには「企業の社会的責任(CSR)」を果たしていることが必要だというのは専門家の一致した見解だ。

しかし、今では人々は「良い会社」で働くだけでは不十分で、「良き社会人」でもありたいと願っている。

企業の社会的責任などについての著書もある米カリフォルニア大学バークレー校のケリー・マケルハニー氏によると、今日の働く若い人々にとっては、社会貢献とは自分自身で参加すべき必須の活動なのだ。

社員の会社への忠誠心や働く意欲とCSRとの関連は大きな注目を浴びており、数字でもその関連性が示されている。ある調査によると、社会貢献活動に積極的な企業では、そうでない企業と比較して、従業員の士気は55%高かった。そのほか、業務効率は43%、会社の社会におけるイメージは43%、従業員の忠誠心は38%それぞれ高くなっている。

マケルハニー氏は、CSRが企業への関与を促し続ける最良の手段のひとつだとの見方を示す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]