オーストラリア連邦最高裁、たばこの箱のデザイン規制を支持

豪政府が作成したたばこの箱のデザインの一例

豪政府が作成したたばこの箱のデザインの一例

(CNN) オーストラリアでたばこの箱に健康への悪影響に関する警告画像を入れることなどを義務付けた法律をめぐり、たばこ会社が無効を求めて政府を訴えていた裁判で、同国の連邦最高裁判所は15日、会社側の訴えを退け、この法律を支持する判決を言い渡した。

同法は12月1日以降に国内で販売されるたばこの箱から宣伝文句を一掃し、オリーブブラウン色に統一して健康への悪影響に関する警告画像を入れることなどを義務付ける内容。

これに対して同法は違憲であり、知的財産を不当に侵害するものだとしてフィリップモリス、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、オーストラリアのインペリアル・タバコなど世界の大手たばこ会社が訴えを起こしていた。

最高裁の判決はウェブサイトに主文のみが掲載された。判決理由については後日掲載される。

インペリアル・タバコの広報は、「最も懸念されるのは、たばこの不正取引に与える影響だ」「簡単なパッケージになれば、オーストラリアが拡大するたばこの闇市場を引き寄せることになるだろう」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]