グーグル、新検索機能「グーグル・インスタント」を発表

(CNN)  米グーグルは8日、検索キーワードをすべて入力し終える前に検索結果を表示する新機能「グーグル・インスタント」を発表した。

検索ボックスにキーワードを入力し始めると、すぐに候補となるウェブサイトのリストが表示される。入力を続ければリストの内容が変わっていくが、入力を終える前に目当てのサイトが見つかればそのまま実行キーを押せばいい。

グーグル・インスタントは、既存のオートコンプリート機能に基づいて開発された。使用したくない場合は、機能を無効にすることもできる。

カリフォルニア州サンフランシスコの近代美術館で行われた発表イベントで、グーグル幹部は「w」の1文字を入力するだけで現地の天気予報(weather report)を表示してみせた。

グーグルによると、これまで検索には平均約25秒かかっていた(入力に9秒、グーグルが検索結果を表示するのに1秒未満、最善の検索結果を選択するのに15秒)が、この新機能を使うことで検索時間を2~5秒短縮できるという。

グーグルの検索製品担当副社長マリッサ・メイヤー氏は、「途中まで入力した内容に基づき、最もふさわしいと思われる検索結果が流れてくる」と説明した。

グーグル・インスタントの利用は8日に米国で開始され、その後、英国、フランス、ドイツ、イタリアなどでも利用可能になる予定だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]