仏大統領とオランダ首相がイスラエル訪問へ ネタニヤフ氏と会談予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近くイスラエルを訪問するフランスのマクロン大統領(左)とオランダのルッテ首相/Reuters

近くイスラエルを訪問するフランスのマクロン大統領(左)とオランダのルッテ首相/Reuters

(CNN) イスラエル首相府は22日、フランスのマクロン大統領とオランダのルッテ首相がイスラエルを訪問すると発表した。

イスラエルのネタニヤフ首相が両氏のほか、スペインのサンチェス首相と電話で会談した。首相府によれば、マクロン氏とルッテ氏は23日から24日にかけてイスラエル入りし、ネタニヤフ氏と会談する。

ネタニヤフ氏は首相府を通した声明で、「イスラム組織ハマスの残虐なテロに対するイスラエルの自衛権」への欧米首脳らの支持に感謝すると述べ、「イスラエルの勝利は世界全体の勝利になる」と強調した。

仏大統領府はマクロン氏の訪問予定を確認していないが、同氏はかねて、近日中にイスラエルを訪れたいとの意向を示していたという。

サンチェス氏はX(旧ツイッター)への投稿でネタニヤフ氏と会談したことを確認し、ハマスの「テロ攻撃」を非難。ハマスはパレスチナ自治区ガザ地区で拘束している人質を「ただちに無条件で」解放するべきだと述べた。

すべての民間人を保護しなければならないとも強調し、ガザ住民への「十分で持続的な人道支援」を呼び掛けた。

「マクロン大統領」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]