リビア洪水、東部デルナの死者1万1300人に 国連報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビア洪水、被災地の様子は

(CNN) 北アフリカのリビアで起きた大洪水で、特に甚大な被害を受けた東部の街デルナの死者が少なくとも1万1300人に上っていることが、国連の報告で明らかになった。捜索作業が進むにつれ、死者の数はさらに増えることが予想される。

国連人道問題調整事務所(OCHA)が16日に出した報告書によると、デルナ郊外でも170人が死亡した。また、同市内だけで少なくとも1万100人が行方不明になっている。リビア北東部全体で、計4万人の住民が避難した。

専門家らは、インフラの老朽化や警報体制の不備、加速する気候危機の影響によって、被害が拡大したとの見方を示す。

デルナは人口約10万人の街だったが、大洪水で二つに分断され、少なくとも3万人の住民が避難を強いられた。

OCHAは、内戦で市内に残っていた地雷や不発弾が流されて移動したため、避難住民らが接触する危険性もあると警告した。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「リビア」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]