ワグネルが撃墜したロシア軍機か SNSに残骸の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イリューシン22の残骸/Operativniy ZSY/Telegram

イリューシン22の残骸/Operativniy ZSY/Telegram

(CNN) ロシアの民間軍事会社ワグネルが撃墜したとされるロシア軍機の動画と画像が、SNS上で公開された。

現場はロシア南部の農村部。機体の残骸に書かれた文字から、ロシア空軍の空中司令・通信本部としても使われるイリューシン22(Il―22)型機と判明した。

ロシア国防省はIl―22の損失を認めるコメントを出していない。

墜落の原因は不明だが、その瞬間をとらえた動画は、ミサイルかロケット弾で撃墜されたことを示している。

ロシアの軍事ブロガーは24日、10人を乗せたIl―22がワグネルの部隊に撃墜されたと伝えた。

またロシア国営テレビ「第1チャンネル」の記者によれば、南西部ボロネジ近郊で航空機が墜落し、ワグネルを率いるエフゲニー・プリゴジン氏が乗員の遺族に補償金の支払いを申し出た。

プリゴジン氏は墜落機に言及していないが、これとは別に24日、ロシアの戦闘ヘリコプターが撃墜されたと発表。25日には、ボロネジ州で墜落したとされるロシア軍の攻撃ヘリ、カモフ52(Ka―52)の残骸の動画が流れた。

ロシア軍事ブロガーの1人は、このヘリがワグネルに撃墜され、乗員が死亡したと主張した。

「ロシア」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]