ロシア最高裁、人権団体「メモリアル」に解散命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア最高裁が、人権団体「メモリアル」に解散命令を出した/Natalia KolesnikovaAFP/Getty Images

ロシア最高裁が、人権団体「メモリアル」に解散命令を出した/Natalia KolesnikovaAFP/Getty Images

(CNN) ロシア最高裁は28日、旧ソ連時代の人権弾圧を検証してきたNGO「メモリアル・インターナショナル」に解散命令を出した。

同団体は、ロシア政府がスパイとして監視する「外国の代理人」に指定されていて、その活動を規制する法律に違反したと判断された。

SNSに投稿された動画には、裁判所の内部や入り口で抗議する支持者らの姿が映っている。人権NGOの「OVDインフォ」によると、裁判所前で7人が拘束された。このうち3人はメモリアルの支持者ではなく、扇動が目的だったとされる。

メモリアルの弁護士は解散命令が出たことを確認し、異議を申し立てる構えを示した。

ロシア検察は11月にメモリアル・インターナショナルの解散を要請していた。2016年に外国から資金を受け取っているとして「外国の代理人」に指定され、すべての出版物にこの指定を明記するよう義務付けられていたにもかかわらず、従わなかったことが理由とされた。

これに対してメモリアル側は、解散に法的根拠はないと主張。政府側の政治的動機を指摘してきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]