ロシア最高裁、人権団体「メモリアル」に解散命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
裁判所の外で撮影された法執行機関の要員と「メモリアル」の支持者の画像/Gavriil Grigorov/TASS/Getty Images

裁判所の外で撮影された法執行機関の要員と「メモリアル」の支持者の画像/Gavriil Grigorov/TASS/Getty Images

国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」は最高裁の判断を、旧ソ連時代の弾圧犠牲者に対する「重大な侮辱」と非難した。

米国務省の報道官も人権活動家らへの「連帯」を表明し、ロシア当局に締め付けを中止するよう求めた。

同団体の姉妹団体「メモリアル人権センター」も、テロや過激思想を正当化した罪に問われている。解散命令をめぐる次回の審理はモスクワ市裁判所(高裁に相当)で、29日に予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]