オーストリア、12歳以上の未接種者を対象にロックダウン 15日から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィーンでワクチン接種の強制反対を訴えるデモが発生=14日/Georg Hochmuth/AFP/Getty Images

ウィーンでワクチン接種の強制反対を訴えるデモが発生=14日/Georg Hochmuth/AFP/Getty Images

(CNN) オーストリアのシャレンベルク首相は14日、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けていない12歳以上の人を対象としたロックダウン(都市封鎖)措置を15日から導入すると発表した。

未接種者は15日以降、不要不急の外出を禁止される。街では警察が抜き打ちで違反者を取り締まる。

オーストリアではワクチン接種率が65%前後と、感染拡大が続く欧州連合(EU)のなかでも低い水準にとどまっている。

同国では今年9月、集中治療室(ICU)の病床占有率が30%に達した場合にワクチンを打っていない人々の外出を制限する方針が決まっていた。未接種者はすでに娯楽施設やレストラン、美容院などから締め出されている。

シャレンベルク氏は12日の記者会見で、未接種者対象のロックダウン導入を14日に発表したいとの意向を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]