デルタ変異株の亜系統を確認、感染増加 英国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国ではデルタ変異株の亜系統の感染事例が増加傾向にあるという/Hollie Adams/Getty Images

英国ではデルタ変異株の亜系統の感染事例が増加傾向にあるという/Hollie Adams/Getty Images

(CNN) 英国内で新型コロナウイルスのデルタ変異株のうち「AY.4.2」と呼ばれる亜系統が最近確認され、感染事例が増加基調にあることから今後の動向を注視していることが21日までにわかった。

英国保健安全保障庁によると、この亜系統は今年9月27日の週の国内の感染件数のうち推定で6%を占めた。感染拡大の要素となる傾向もうかがえるとした。

AY.4.2の詳細はほとんど把握しておらず、一部の専門家はデルタ変異株より感染力が若干強い可能性に触れているが、解明はまだされていない。

英国では懸念を抱かせる変異株としてはまだ指定されていない。英国以外での発生はまれで、少数の感染事例がデンマークと米国で判明した。

ロンドン大学クイーン・メアリー校の疫学の専門家はデルタ株の場合は数週間で非常に速く蔓延(まんえん)し、夏までにアルファ変異株を上回ったと説明。AY.4.2にそういう兆候はないとしながらも、比率的に緩やかに増加している状態だと推測。このことは感染力が非常に強くなく、わずかに強いことを示唆しているかもしれないと分析した。

一方、米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は20日、この亜系統に触れ、米国内で勢力を広げているなどの兆しはないとの見解を示した。

米ホワイトハウスでの新型コロナ対策チームの会見で表明した。米国内での存在は突き止めているが、感染の頻度が増えたり、クラスター(感染者集団)が発生したりしたことはないと強調。

現段階でこの亜系統が、現在使われているワクチンや治療方法の有効性に影響を及ぼしているとの科学的根拠はないとも説いた。

感染が増え続ければ新たな変異株も出現し続けるとしながらも、AY.4.2はここ数日間、一定の関心を集めているとも指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]