大雨で洪水と土砂崩れ、22人死亡 インド南部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド南部で大雨、洪水や土砂崩れで犠牲者

ニューデリー(CNN) インド南部で豪雨による洪水と土砂崩れがあり、少なくとも22人が死亡したほか、5人が行方不明になっている。

ケララ州では15日から大雨に見舞われ、川の水位が上昇して道路が冠水し、車両が泥水に沈んだ。一部の家屋は破損された。

救助活動は16日から続いており、インド軍が支援を行っている。インド国家災害対応部隊は、ケララ州の南部や中部に11部隊を派遣した。

大雨で鉄砲水が発生し家が壊れた住人が犬を抱きかかえる=16日、ケララ州/Appu S. Narayanan/AFP/Getty Images
大雨で鉄砲水が発生し家が壊れた住人が犬を抱きかかえる=16日、ケララ州/Appu S. Narayanan/AFP/Getty Images

州の当局者によれば、コッタヤムで起きた土砂崩れによって13人が死亡した。イドゥッキで発生した土砂崩れでは9人の遺体が収容され、2人が行方不明となっている。マラップラムでは3人が行方不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]